発達障害の憂鬱。母の容態について | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

発達障害の憂鬱。母の容態について

   

20160105_cherry

こんにちは。48才無職です。
昨日の夜、父から母の容態などについて、ようやく話を聞くことができました。入院するまで、私にはほとんど話をしてくれませんでした。私も病人なので、心配をかけたくないという気づかいだったと思います。明日手術を受けます。成功することを祈っています。

スポンサーリンク


ようやく母の病気のことについて、話を聞くことができました

昨日の夜、家事が終わって、久しぶりに父と会話をする機会がありました(基本的に私は引きこもりなので)入院してから、やっと母の容態について話してくれました。

いつもは強気な父も、この時ばかりはかなり弱っているように見えました。

父と久しぶりに会話

私は部屋に引きこもっているので、食事の時くらいしか両親と話をする機会がありませんでした。しかし、昨日の夜は父親の食器の片づけがあるので、食べ終わるのをずっと待っていました。

そうしたら、母の容態についてやっと話してくれました。

母の容態

薄々そうではないかと感じていたのですが、病名は胃癌、しかもかなり進行していて危険な状態だとのことでした。

明日の手術の成功の可能性は、先生からは明言されなかったそうです。相当厳しい状態と察しました。

母はそんな状態でも、父と私の食事のことを常に心配しているそうです。

そんな母の気持ちを考えると、今までの自分の立ち振る舞いについて、猛省せずにはいられませんでした。

明日の手術が成功しますように

元気な姿しか見たことのない母ですから、きっと大丈夫です。

私には祈ることしかできませんが、母の気力が癌に勝ってくれることを切に願います。

 - 雑記帳

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です