class="post-template-default single single-post postid-2825 single-format-standard" >

47才からの発達障害

色々ありましたが、何とか生きています

発達障害の治療

久しぶりの投稿です。障害年金が2級になりました

投稿日:5月 13, 2017 更新日:

こんにちは。管理人です。

父の死後、惰性で生きている状態が続いておりました。

そのため、ブログの更新も全くできない状態でした。

父の一周忌を終え、これを節目に頑張ろうという気持ちになりました。

そこで、本ブログの更新を再開することを決断しました。

発達障害、アスペルガー、買い物依存症、ASDでも何とか生きていけるということを、書いていきたいと思います。

改めまして、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

昨年の見直しで、障害年金が2級になりました

 

昨年、年金機構に診断書を提出した結果、従来の3級から2級に変更になりました。

都道府県ごとの認定基準の統一による影響が大きいのかなと思っております。

3級から2級になり、支給額がものすごく増えました。

生活が少しだけ楽になりました。

 

診断書受取から発送まで

昨年の誕生日の前に、年金機構から送付されてきました。

受診時に、主治医から改めて現状についてヒアリング。

主治医に記入を依頼し、3週間ほどで受領。

主治医からは「私の所見では、2級相当だと思います」と言われました。

そして、誕生日月の末日前に年金機構に簡易書留で発送。

 

2級認定まで

診断書送付後は、年金事務所からは特に連絡等なし。

送付2か月後に、決定通知書がいきなり到着。

2級に上がった旨の記載、並びに、遡及支給についての説明がありました。

また、家族構成が変更になっている場合は、手続きをしてほしい旨の手紙が入っていました。

私は離婚しましたので、変更届を出さないといけませんでした。

 

支給開始

まず、1月に遡及分が振り込まれました。

2月から、2級の年金額が振り込まれるようになりました。

 

まとめ

私の症状は、ずっと変わっておりません。

認定基準の見直しにより、2級になったと推察されます。

3級と2級では、受給額に大きな開きがあります。

2級と認めていただいて、大変感謝しております。

早く、自分で稼げるようになり、年金返上ができるように頑張りたいと思います。

 

まずは、この記事がスタートになります。

ブログは、WEBLOGですから、私のログを残していく感覚で、再スタートしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

<

<

-発達障害の治療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

発達障害の治療。買い物依存症の治療について主治医に聞いてみましたのアイキャッチ

発達障害の治療。買い物依存症の治療について主治医に聞いてみました

こんにちは。48才無職です。 父の初七日も無事終了し、少しホッとしています。葬儀関連については、そのうち記事にまとめようと思っていますが、まだ着手できておりません。 昨日、医者に行って、買い物依存症の…

続きを読む

明日、コンサータ増量なるか?のアイキャッチ

明日、コンサータ増量なるか?

photo credit: Culham Trail, Mississauga via photopin (license) こんにちわ。47才無職です。 明日、病院に行きます。コンサータを服用し始め…

続きを読む

発達障害の治療。四週間ぶりの診断を受けてきましたのアイキャッチ

発達障害の治療。四週間ぶりの診断を受けてきました

photo credit: Fireworks at Campione d’Italia via photopin (license) こんにちは。47才無職です。 一昨日、四週間ぶりに病…

続きを読む

ネットショップの店長を辞めることになりましたのアイキャッチ

コンサータを服用し始めてから一週間たちました

photo credit: Go civilisation! via photopin (license) こんにちわ。47才無職です。 コンサータを服用し始めてから一週間たちました。さて、薬効の方は…

続きを読む

コンサータの小冊子が素晴らしすぎる件のアイキャッチ

コンサータの小冊子が素晴らしすぎる件

こんにちわ。47才無職です。 コンサータを服用し始めてから、もうすぐ一か月経とうとしていますが、まだ効果を実感できていません。いや、そもそも効果っていったい何なのかわかっていませんでした。 そういえば…

続きを読む