class="post-template-default single single-post postid-2624 single-format-standard" >

47才からの発達障害

色々ありましたが、何とか生きています

発達障害の介護

発達障害の困惑。父の終の棲家が決まりましたが…

投稿日:3月 20, 2016 更新日:

stethoscope-840125_640

こんにちは。48才無職です。
余命三か月と宣告された父の今後の治療方針と病院の見解について、前回の記事で書かせていただきました。病院の対応はドライだと言う感想をそこでは書いたのですが、今週に入って状況が一変しました。良いことがしばらくなかったので、この嬉しい出来事について書いてみたいと思います。しかし、良いことは長くは続かなくて…。

スポンサーリンク

前回記事のおさらい

前回の記事では、最後を自宅で看取るのか、緩和ケアの施設入所を目指すのか、どちらかに決めてくれと病院に宣告され(要は最後までこの病院では面倒は見れませんよと言うことです)、対応に苦慮しておりました。

地域で一番大きい病院で、入院を待つ患者も多く、終末期の患者をこのまま置いておくことはできないということです。

主治医の先生に大大大感謝!

主治医の先生が、かなり強く病院を説得してくれたみたいで、今入院している病院で最後まで面倒を見てくれることになりました。

それに伴い、病室も引っ越しました(終末期患者専用の部屋があったみたいです。ただし、その部屋は国の指定疾患等でないと通常入れない病室なのだそうです)

主治医の先生にはお会いしたことはないのですが、本当にありがとうございますとお礼を言いたい気分でいっぱいです。

しかし、今度は母が再々入院

そこまではよかったのですが、今度は母の体調が急激に悪化し、再々入院しました。取りあえずは数日間の予定です。

私の生活も荒れています。何せ一人しかいませんから、だらしなさ全開モードです。部屋は乱雑になり、洗い物も放置された状態になっています。

明日、妹がやってきますので、今日の夜にキレイにしないといけません。

最後に

この先どうなるのか、全くわからなくなってしまいました。

縁起の悪い話はしたくないですが、両親に万一のことがあったら、私は生きていくことができません。二人とも少しでも病状が回復することを祈っています。

<

<

-発達障害の介護
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

発達障害の憂鬱。父も入院してしまいましたのアイキャッチ

発達障害の憂鬱。父も入院してしまいました

こんにちは。48才無職です。 母のがんの手術が終わり、無事退院してホッと一息つきたいところなのですが、今度は父親の具合が悪くなってしまいました。早速病院で診てもらったところ、非常に困ったことになってし…

続きを読む

発達障害の困惑。父、余命3か月と宣告されてのアイキャッチ

発達障害の困惑。父、余命3か月と宣告されて

こんにちは。48才無職です。 母の胃がんに続いて、父もすい臓がんにかかっていることが判明し、私の精神状態も非常に不安定です。本日、妹が病院に呼び出され、余命宣告を受けてしまいました。まだ、心の準備がで…

続きを読む

発達障害の憂鬱。母の抗がん剤治療が本格的に始まりましたのアイキャッチ

発達障害の憂鬱。母の抗がん剤治療が本格的に始まりました

こんにちは。48才無職です。 母の抗がん剤治療も本格的に開始され、先日は一泊二日の入院治療を受けてきました。日に日に体調が悪化しています。家事もほどんどできなくなり、私の役割は増す一方です。 スポンサ…

続きを読む

発達障害の苦悩。母に続いて父も癌?のアイキャッチ

発達障害の苦悩。母に続いて父も癌?

こんにちは。48才無職です。 本日、妹と母が父の見舞いに行ってきました。そこで先生に呼び止められて、急遽お話を聞くことになったそうです。結論から先に書くと、父はすい臓がんか胆管がんの可能性が高いという…

続きを読む

発達障害の安堵。母が退院しましたのアイキャッチ

発達障害の安堵。母が退院しました

こんにちは。48才無職です。 体調不良で入院していた母が退院しました。胃がんの状態が悪化したのか心配したのですが、今回は脱水症状によるものと聞き、安堵しております。ここ数日は一人で過ごしていたのですが…

続きを読む