発達障害の憂鬱。3か月ぶりに親父の顔を見ましたが… | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

発達障害の憂鬱。3か月ぶりに親父の顔を見ましたが…

      2016/04/20

-shared-img-thumb-ELLY89_awaihimawarinokiiro20140812_TP_V

こんにちは。48才無職です。
父ががんと診断され、入院して3か月になります。病室での様子は妹たちから聞いてはいるのですが、父に面会に行きたいという思いが日に日に強くなる一方です。
昔、泥棒に入られたことがあるため、家を空けることができず、私はいつも留守番でしたが、母の容態も安定してきたことから、お見舞いに行くことをようやく許されました。

スポンサーリンク


すい臓がんについて

父はすい臓がんで、余命3か月と宣告されています。すい臓がんはがん検診でも見つからないことが多く、黄疸がではじめてから分かることが多いそうです。

また、見つかったとしても、かなり進行している場合が多く、生存率もあまり高くないとのこと。

3か月ぶりの再会

病室に行き、顔を出すと気づいてくれました。寝ていなくてよかったです。「早いな」これが親父が発した唯一の言葉です。体中の力を振り絞って、やっとのことで発することのできた貴重な一言です。

頬はやせこけて、体は血管が浮き出るくらいやせ細っていて、体中にチューブやらなんやら取り付けられて、見るに堪えない光景でした。

「また来る」そう言い残して、少し呆然とした感じで病室を出ました。滞在時間わずか2分。

こんなに病状が悪化していたとは。全く想定外の事態です。

余命3か月は大げさではなかった

実際に自分の目で見て、余命3か月と言うのはこういうことなんだということを、嫌と言うほど思い知らされました。元々やせていた親父ですが、本当にガリガリになってしまいました。もう、介助なしで動くことはできないでしょう。

長男がしっかりしないといけないと思った瞬間です。

最後に

ここしばらくでいろんなことがありました(特に金銭面)これにつきましてはログとして残しておきたいと思いますので、近日中にアップする予定です。

医療保険は入っておいた方がよいです。そして、がん保険も。両親ともに未加入のため、家計にかなりの負担がかかっているみたいです(金銭的な話は私は一切教えてもらえませんので、あくまで推測ですが)

私も最近になって、引受緩和型の医療保険に入りました。がん保険は、社会人になってから直ぐに加入しています(先進医療に未対応のため、切り替えをしょっちゅう勧めらるのが少々煩わしいですが)

頑固な親父だったんですが、今はそんな面影はどこにもありません。病院からは、近々覚悟しておくようにと言われたそうです。喪服を探さないといけません。悲しい衣替えになりそうです。

 - 発達障害の介護

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です