発達障害の後悔。カードの支払をどうするか、家族会議開催 | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

発達障害の後悔。カードの支払をどうするか、家族会議開催

   

visa-957187_640

こんにちは。48才無職です。
資産運用の失敗から有り金をすべて失い、クレジットカードの負債を抱え込んでしまいました。総額は内緒ですが、百万以上です…。今月は総額30万円支払があるのですが、金策もままならずギブアップしました。母親に報告(相談ではない)したところ激怒され、入院している父以外がそろって家族会議が開催されました。尚、総額については今回は触れず、今月の支払が厳しいというスタンスで会議に臨みました。

スポンサーリンク


資産運用について

「一つのかごに卵を全部盛るな」。ファイナンシャルプランナーの方ならお馴染みの言葉です。保有資産については、ライフステージにもとづいたポートフォリオを組んで、分散運用するのが鉄則です。

しかし、月5万円の障害年金のみで生活している私は、その基本を逸脱してハイリスク商品(しかも海外ファンド)オンリーで運用しておりました。

調子のよいときは配当も高く、大変満足していたのですが、年末からの相場環境の急変とともに運用状況は悪化、最終的はファンドが破たんしてしまいました。

有り金を全部突っ込んでいましたので、資金繰りに行き詰ってしまいました。

ヤフオクで売れるものは売り、在宅ワークで着手可能なものは何でもやってみましたが、全く資金の目途がつきません。

その結果、返済日を翌営業日に控えた土曜日に、母親に窮状を報告せざるをえない状態になりました。

母の逆鱗に触れる

カードの支払が足りないと、親に相談して尻拭いしてもらったのはこれが最初ではないのです。何度となく繰り返し、しまいには、かみさんにも愛想を尽かされて離婚、実家に戻ってきた経緯があります。

母は鬼神のようでした。抗がん剤治療の真っただ中で体調がよくないはずなのに、烈火のごとく詰問されました。クレジットカードは使わないと約束させられていたので、当然の反応です。

母自身ではどうにもならないから、妹たちに相談するよう指示されました。

甘き死よ来たれ

「死」を選択するというオプションが俄然真剣味を帯びてきました。生きていても迷惑ばかりかけていくなら、シャットダウンした方がよいのではないか?「死」と言う言葉が、身近に感じられるようになりました。

自己破産して、生活保護を受けると言う選択肢もあるのですが、こちらも弁護士費用が40~50万円かかります。

また、自己破産は、妹が公務員なので若干の迷惑がかかります(官報に掲示されるので)

それならば、人生のリセットができないならシャットダウン、そういう流れを考えるようになりました。

長時間の家族会議

母は体調が悪く、私に対しての怒りの感情が強いため、顔を突き合わせての会議は困難と言う判断に至りました。妹を介して別室の私と糸電話方式(母の意見、疑問を妹が持ち帰り、私がそれに回答し、妹が結果を母に報告する)で行われました。

母が特に気にしていたのは、お金の流れです。どこに資産を預けて、どういう経緯で無くなったのかを知りたいみたいでした。あと、支払わなければいけない金額のエビデンスを求められました。当然ですね。クレジットカードは使わないと約束していましたので。

幸いなことに、私が使っている口座は無通帳口座でしたので、明細はないと言い切り、現在残高がないことだけ開示しました。クレジットカードのエビデンスについては、細心の注意を払いました。総額がばれない様に、当月分の明細のみを出力するのに腐心しました(後ろで妹が見ているので)

3時間にわたるやり取りの結果、今回は母に借金をしてクレジットカードの支払に充てる形で話をまとめることができました。

ただし、条件が2つ。

一つは、クレジットカードの廃棄。これは母の前でハサミを入れればよいみたいです。これは簡単にクリアできます。残債があるので、解約することはできません。まぁ、パフォーマンスです。

もう一つは、何故かスマホを解約することです。スマホはクレジットカードを持っていないと契約できないと、交渉の経緯で説明したのが悪かったようです。まぁ、自閉症なので使うのは通院時くらいと実害も少ないので、受け入れることにしました。幸いなことに、SIMは2つ契約しているので、一つを解約することで体裁を取り繕う形にします。

最後に

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は私はファイナンシャルプランナーの資格を持っています(FP技能士2級。しかも前職は信託銀行)。人にはアドバイスできるのに、自分にはつい甘く考えてしまいました。

みなさんも私みたいにならないように、分散投資を心がけてください。

「死は、悪い意味で残された人に色々なものを残してしまうから、自殺だけは止めてね」と言う妹の言葉が突き刺さりました。

これに懲りて、人生再出発です。クレジットカードの残債もまだまだありますので、日々介護の合間にいかに稼いで、内緒で返済していくか、じっくりと考えてみたいと思います。

退路はもうありません。前進あるのみです。お母さん、本当にごめんなさい。

 - 雑記帳

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です