発達障害の憂鬱。確定申告が大変なことになりそう | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

発達障害の憂鬱。確定申告が大変なことになりそう

      2016/01/25

-shared-img-thumb-PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602_TP_V

こんにちは。48才無職です。
もうすぐ確定申告の季節です。無職の私には無縁のイベントだと思っていたのですが、住民税免除の特例を受けるためには確定申告する必要があります。前回の確定申告は、国税庁のホームページで作成して提出したので簡単だったのですが、今回は手作業で作成して申告しなければいけないことがわかり、非常に困惑しています。

スポンサーリンク


今回の確定申告が国税庁のホームページで作成できない理由

昨年は金欠のため、虎の子の企業年金を取り崩しました(退職所得の扱いになります)昨年以前に退職して退職所得を受け取った人は、国税庁のホームページで確定申告書を作成できないことがわかりましたので、今途方に暮れています。

確定申告の書籍を買って読んでみました

アマゾンで確定申告書の書き方の本を購入し、一通り読んでみました。私のようなケースは例が載っていなかったので、非常に困っています。

ネットでググってみても、それらしい情報を得ることはできず、手詰まりの状態です。

無料の税務相談とか…

例年税務相談が開催されているらしいですが、今年はまだ告知されていません。

昨年は企業年金を取り崩したほかに、臨時収入も若干あります。これも申告しないといけないので、自分で手続きするのは難しそうです。

最悪の場合、税理士さんに頼まないといけないかも。同級生で税理士がいるのですが、現状を知られたくないので相談は出来ないです。

まとめ

無職の人でも確定申告はやっておいたほうがよいです。前述した住民税の減免の根拠になるからです。

今年前半は、色々なことがあって大変そうです。

 

 - 雑記帳

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です