発達障害の憂鬱。Twitterアカウントが凍結されました… | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

発達障害の憂鬱。Twitterアカウントが凍結されました…

      2015/11/04

159102

こんにちは。48才無職です。
今日、スマホでTwitterを立ち上げたところ、フォローとフォロワーが0になってしまいました。おかしいなと思い、パソコンでTwitterをブラウザで開けると「アカウントを凍結しました」との一文が…。違反になるようなことは何もしていないつもりでしたが、調べてみると一つ抵触している使い方がありました。皆さんも気をつけたほうが良いですよ。

スポンサーリンク


Twitterのアカウント凍結基準

Twitterのヘルプを読むと、以下のような場合にアカウントが凍結になるそうです。

  • スパム
  • セキュリティが危険な状態にあるアカウント
  • 攻撃的なツイートや行動

上記には心当たりが全くなく、ネットで解決策を調べることにしました。

神降臨

ネットで解決策を探しました。そうしたら、千堂わたるさんのブログで、アカウント凍結と解除について詳しい解説がされていました。

読み進めていくと、一つひっかかることがありました。「リンクだけのツイート、内容のないツイートを繰り返す行為」です。

最近自分ではほとんど呟いていなかったのですが、ブログと連動させてTwitterでは呟いていました。これがまずかったと思われます。

早速、千堂さんの解説通りに凍結解除の対応を行いました。

Twitterの問い合わせフォームから「凍結の解除」のお願いを送信、自動返信メールに千堂さんのページに書かれている文言を追加して返信しました。

あとはTwitterからの連絡を待つ形になります。2~3営業日で連絡が来るそうです。

ちなみに千堂さんによると、アカウント凍結解除は一回のみしかできないそうです。もし復活できたら大事に使っていきたいと思います。

まとめ

WordPressでTwitter連携している人はご用心です。

今後は自分の言葉でも呟くように注意していくつもりです。

誰かのご参考になれば幸いです。千堂さん、ありがとうございました。

 - 雑記帳

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です