発達障害の知恵。スマホの利用料金を2年で2万円節約する方法 | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

発達障害の知恵。スマホの利用料金を2年で2万円節約する方法

   

スマホの代金節約photo credit: L1070369 via photopin (license)

こんにちは。47才無職です。
ドコモから、サムソンの新型スマホ「Galaxy S6(SC-05G)、S6 edge(SC-04G)」のキャンペーンのメールが来ました。普段なら読むこともなくゴミ箱行きなのですが、内容を見て目が点になりました。スマホ料金を節約する方法の完成です。こんな方法もあるんですよ。

スポンサーリンク


Galaxy S6に機種変してスマホ利用料金を2万円節約

この方法は、現在月々サポートで割引を受けていない人限定です。また、最近機種変した人も対象から外れますので、予めご了承ください。詳しくはドコモオンラインショップでご確認ください。

キーワードは機種変更、月々サポート、端末売却、最終的に損益が確定するのは2年後、です。さっそく説明していきます。

Galaxy S6の本体価格

本体一括払いで93312円です。

同時発売のGalaxy S6 edgeと同一価格です。

Galaxy S6の月々サポートに注目

XiからXiの機種変の場合、なんと、月々サポートが58320円(ドコモ利用10年未満)つきます。これは、本体価格が同一のGalaxy S6 edge(SC-04G)の34344円と比較すると、実に1.7倍になります。

ここが今回のポイントになります。

Galaxy S6の白ロム買取価格について

4月27日現在、一番高い業者で66000円です。
(ネットワーク判定○の場合)

実際のやり方

まず、Galaxy S6をドコモオンラインショップで機種変(XiからXi)します。その際支払いは本体一括払いを選択します。

(分割で購入してはいけません。白ロム買取価格がガクンと下がってしまうからです)

  • 本体代金    ▲93312円
  • 契約変更手数料 ▲3240円

次に、スマホが届いたらすぐに白ロム業者へ売却します。この際、ネットワーク判定が○であることを必ず確認しておいてください。

※ドコモ:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

  • 梱包、配送料 ▲2000円程度
  • 売却代金   +66000円

ここまで完了した時点では、まだ32552円の赤字です。

しかし、ここから月々サポート2430円が、毎月のスマホ利用料金から割引になります。これが24か月続いて、総額58320円の割引を受けることになります。

  • 白ロム売却時点の赤字額  ▲32552円
  • 月々サポート2年分   +58320円

結果、2年間トータルで見た場合、差額の25768円が節約できたことになります。

但し、このやり方には問題もあります。

  • 2年間はその回線を使い続けなければならない

これが一番のネックです。2年のうちに何が起こるかわからないですからね。

2年間辛抱できるのであれば、こういう節約法もありますよということで、今日はざっと紹介させていただきました。一読してもピンとこない人は見送った方がよいです。

ではまた。

 - 雑記帳 , , ,

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です