履歴書の「健康欄」記載内容から分かった、発達障害の方の求職活動 | 47才からの発達障害@無職

47才からの発達障害@無職

うつ歴16年で発達障害と診断された51才無職の闘病・就職について書いています。まぁ、見てやってください。

*

履歴書の「健康欄」記載内容から分かった、発達障害の方の求職活動

      2015/04/25

履歴書の「健康欄」記載内容から分かった、発達障害の方の求職活動photo credit: 140715 via photopin (license)

こんにちわ。47才無職です。
ここ数日、職務経歴書と履歴書の作成で頭を悩ませていたのですが、その作成過程でちょっと気になった事があったので書いてみます。よろしかったらどうぞ。

スポンサーリンク


発達障害の人が履歴書を書く場合、健康欄にどう記載するか?

ここ数日の間、職務経歴書を作成するために悪戦苦闘していたのですが、その作業の中で、履歴書を作成しました。作成するにあたって、悩んだのが「健康欄」の記入の仕方です。

皆さん、苦労されているのですね。ネットでググったら、色々な意見があり、私も大いに悩みました。

良好とうそを書く

実際の書き込みを見てみると、「良好」とうそをついている方が多い傾向です。精神障がいと分かった時点で落とされるから、と言うのがその理由です(そういう方は障がい者枠ではなく、一般枠で就職活動されています)

また、障がい者枠で就職活動をされている方の意見で多かったのは、障がい者枠を設けている会社でも「精神障がい」は、まず落とされる。これは、私も同感です。求人サイトで、障がい者枠を設けている会社の採用実績を見てみると、「精神障がい」の採用実績のある会社は、正直言って少ないです。

健康欄の無い履歴書フォーマットを使用する

発想の転換ですね。これは最強かと思いました。これなら嘘をついたことにならないし、書類選考で落とされる可能性も低くなりますね。

私の場合

​私の場合は、職歴にブランク期間があり(半年、5年)、そこについて説明せざるを得ないでしょうし、また、障害年金も受給しているので、一般枠での求職活動は無理と判断し、障がい枠での求職活動を行わざるを得ない状況ですので、以下の二点を記載しました。

  • うつ病にかかったが、治療に専念した結果、現在では就労に問題はない
  • 治療の過程で発達障害と診断され、そちらについても治療を受け、現在では就労に問題はない

本当は、「発達障害なので、職場環境については、若干の配慮をお願いしたい」と言う事も書きたかったのですが、スペースがないため断念しました。

 - 発達障害の就職 , ,

お勧め!

お勧め!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です